2009-09-16(Wed)

自作カードゲーム秘話1

どーも、姓は冠、名は崎、字は遙菜です。
嘘です。 冠崎 遙菜 です。

お仕事で木曜金曜不在とさせていただきます。



さてはて、いつもの思いつき。
今回は自作カードゲームについて述べたいと思います。
「自作カードゲームって何よ?」
って思いますよね。思いますか?
思いませんか。だがどうでもいい。
ここで言う自作カードゲームとは
俺が自分で作ったカードゲームのことをいう。

おっと、プログラミングとか組んで作ったとか
某2UN氏みたいなことは俺にはできないぜ。

ああそうさ、アナログだよ。
これをアナログといって正しいのかどうかは知らんが。

まぁ単に俺が戯れで作ったカードゲームを
勝手に紹介してしまおうと思いついただけさ。

以下追記で。



ことの始まりはアンリミテッド;サガである。

あ、ちょっとまって回れ右しないで
(やったことある人ならこの意味はわかると思うw)
ネームバリュー()笑で判断するのは早い

まぁばらしちゃうと史上稀に見るクソゲー
アンリミテッド;サガ。
だがこのゲームのバトルシステム(あと音楽)だけは
評価できると思うんだ。
っていうかHPがLPの壁っていう
システムに俺は実に衝撃を受けた。
「何この発想面白い!」とな。

だがこのゲーム、他がだめすぎる。
あまりにももったいない…
そう思った俺は兼ねてから一度作ってみたいと
思っていた自作カードゲームの製作を
実行に移してみた。
製作期間は実に半年くらいかかったと思う。
暇だな俺も



ざっくりいこうか。
まず基本台座になってるのは上で言ったとおり
アンリミテッド;サガのバトルシステム。
それに加えて俺がカードゲーム作るなら
やってみたかったルール…
キャラ選択性を採用してみた。

大抵のカードゲームでは戦うカード
(いわゆるクリーチャー)はデッキから引く。
つまり、どのカードがくるかは運頼みなわけだ。
ところがどっこい、
俺の作ったカードゲームは
まず七枚のキャラカードを選んでPTを組み、
そのうえで戦うというルールなんだ。

そんで、勝利条件を先に満たした方の勝ちってやつ。
この勝利条件が、最初は相手の全滅だったわけだが…
このゲーム、俺が他のカードゲーム
「一回の対戦時間みじけぇ」って思ったために
長期戦を想定して作ってある。
つまり…相手を全滅させるのに…
一時間半~二時間くらい
かかっちゃったりするんだ…

そんなわけでまわりで好かれていたのは
先に四人倒した方の勝ちルール。
これだと30分~一時間で勝負がつく。
まぁ中途半端で俺はあんまり好きじゃないんだが。
俺の一押しはクラッシュルール。
これはPTにランダムにクラッシュ用紙を忍ばせておいて、
クラッシュ用紙を持っているキャラを
倒された時点で負けというルール。
誰がクラッシュかわからないから
ひやひやするルールだw



まぁ 戦う→倒す というカードゲームというのは
わかっていただけたかと思う。
次にカードの種類をざっくりと紹介。

1:キャラカード
kyaraka.jpg
キャラのカードです。
カードゲームにおいてのバトルキャラクターとなります。
プレイヤーはこのキャラカードを七枚選び、
それらのキャラカードを用いて戦います。
(つまりゲームには最低14枚のキャラカードが必要)

色々な性能があるんですが、
それについてはまたあとで。



2:エネルギーカード
eneka.jpg
エネルギーです。
キャラが攻撃するのに使用します。
はじめは「キャラが七人だから七枚」ってな感じで
適当に枚数決めました。
試験運用してから調整すればいいかな~って思ってた。
実際はやってみると七枚実に丁度いい。
よってそのまま七枚で定着しました。

ちなみに…これ何のカードがわかる人います?
これ、ガンガンバーサスってカードなんですよ。
勘違いしたスクエニが生産したカード。
当初は種類が100ちょっとしかなかったため、
「ちょっとコンプ狙おうか」と思いついた冠崎は
結構集めてました。
だが追加でどんどん出てしまい、
追いきれなくなったので収集やめ。
今では生産されていないカードです。
これの万難地点キリュウのプレミアカードって
今いくらくらいの価値があるのかな…
守護げっ天はきもいファンが多いから
現在生産されてないからかなりのプレミアものに
なるんじゃないかと予想。

って話ずれすぎやん。



3,4:デッキカード及びブーストカード
hokaka.jpg
上がブーストカードで、下がデッキカードですね。
まずデッキカードから。
いわゆる山札と手札です。
キャラを先に選ぶだけであって、
他の手札は当然俺のターンドローします。
これも試験的に一番最初30枚と
適当に枚数を決めたんですが、
それが丁度良かったので定着。
だがな…それって1ゲームするのに
最低60枚必要ってことなんだぜ…

あぁ、作ったよ。
自分ひとりで60枚。
ほんと***だな俺。

デッキカードは大きく分けて二種類あります。
一つは魔法カード、もう一つはアイテムカード。

魔法カードはそのまんま、魔法です。
味方のHPを回復させたり、
状態異常を直したり、
攻撃力を上げたり、
敵の攻撃を防いだり…
基本的にインスタンス系の効果を持っています。
デッキカードの大半はこの魔法カードとなっています。

次にアイテムカードですが、
これは完全に魔法カードの上位互換です。
理由は、魔法はディススペルで打ち消せるが
アイテムは打ち消せない。
これが一つ目の理由。
もう一つの理由はアイテムカードは
どんな強力なカードでも一切のエネルギーコストが
発生しないということ。
ただしアイテムカードは基本的に数が少ないです。



お次はブーストカードですね。
これはポケモンカードのぱくりです。
ポケモンカードはやったこと無い人多いと思うので
ざっくりとどの辺ぱくったか説明。

ポケモンカードは六匹やられた時点で負けです。
一匹負けるごとに、あらかじめふせておいた
カードを一枚めくります。
そしてそれを手札に加えます。
全部をめくった時点ですなわち六匹倒されたので
負け、ということになります。

これの、カードを一枚めくる部分をぱくりました。
ポケモンカードの場合は、一匹倒されると
結構な痛手なわけですが一枚手札増えるんで
一応+要素もあるんですね。
そこをぱくりたかったわけよ。
俺のカードゲームは一人やられると
戦闘参加キャラが減るため結構不利になります。
その不利の穴埋めとして用意したのがブーストカード。
ブーストカードはいわゆる永続魔法のようなものです
普通のカードよりも強力な効果を
永続的に得ることができます。
中には一発逆転を狙える強力なブーストもあれば
「役にたたねーよ!」的な効果がささやかなものも
あります。要するに当たり外れがある。

そんなカードを作ってみたいと思って
用意されたブーストカードですが、
実際にやってみるとかなり戦局を左右する
実に面白みのあるカードとなりました。



さて…
キャラカードについてもっと詳しくといきたいところですが、
記事が長くなってきましたので続編とします。
今日はこの辺でノシ~ノシ


Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

何だこれ是非私に譲って(ry

re;comment

こめんとありがーとん

だが断る。(キリッ
FC2カウンター
プロフィール

冠崎はるな

Author:冠崎はるな
サークル「灼熱三日月」で
東方ジャンルの同人誌を
少しだけ描いていました。
活動は停止しています。
メインキャラは
リリーホワイトと大妖精。
右の方にあるカテゴリーの
”同人誌発行履歴”より
今まで出した本の情報
まとめた記事にいけます。

あまり活発ではありませんが、
一応pixivあります。
pixiv_id2660936


現在、ドラクエ10に
はまってます。

トリスタプレイヤーで
メイン鯖はオーロラでしたが、
トリスタは2014年1月に
サービスを終了しました。
スマホアプリの方は
現在継続してプレイ中です。

ラテールはルビーで
遊んでましたが
ついていけなくなったので
今は放置。
引退しています。

著作権表記
トリックスター0
Copyright(C) 2007 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2007 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

LaTale
©2006 Actoz Soft., All rights reserved.
©2006 Gamepot Inc., All rights reserved

最近の記事
最近のコメント
リンク
上海アリス幻樂団

ようせいげんき!

トリックスター0

らてーる

沙羅さんまったり日記

けのぬいぐるみ

みゃのん

「み」から始まる冒険者

天国への階段

ブログ内検索
幻想郷春告区春告板
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog