2011-07-26(Tue)

平成23年の暑中見舞いを申し上げます。


おいやめろバカwww

どうも、冠崎ですとぅっとぅるー。

先週のシュタゲ、結構きっついお話でしたね。
あの鈴羽が「こんな人生、無意味だった」って
書き残して自殺するなんて考えられません。
父親に会って無意味な人生を嘆くか、
父親に会えずに世界線を越えようとするか。
その二択って結構酷いですね。

そういえば思うに神社にIBM奉納したのって
たぶん鈴羽ですよね。
と、いうことは世界線が変わった影響で
鈴羽はIBMを神社に奉納しなかった世界線に
なっているのかな?
というかセルンにも
リーディングシュタイナーがいる気がしてならない。



続きは暑中見舞い。


110725_shochumimai300.jpg

大妖精「ねぇねぇりりちゃん」

春告精「なんなのですよ?」

大妖精「帽子なかったら、りりちゃん誰だか
     わっかんないよ?」

春告精?「Σ(゜д゜)?!」



おててつないで? ねぇつないで?
で、つないだのを描きたかったのだ。
このくっそあっついのに帽子なんて
かぶってられないのですよー

アタリ無しはきっついっす!
しかも二人並ばせるとか、
バランスどうしろと!
こんだけ描けるだけでも褒めて欲しいくらいだ!

最近また暑くなってきましたね。
だから暑中見舞い。
別に意味なく大リリなわけではない。

9月のようせいげんき!2に
サークル参加申し込みました。
追加募集枠なので落ちるときは落ちますが、
まぁ定員枠埋まらないでしょう。
本描く時間あるのかよってところなんですが、
まぁ描いてみます。
最悪意味不明なその場しのぎコピ本になるか、
プレビュー本になるかもしれないけど。
無名サークルのプレビュー本とか絶対的に無意味だな。
やめよう、うん。
まぁかぽりんぐは大リリになるので
今回の落書き大リリってわけ。
正確にはカップリングというより、
メインキャラ・リリーホワイト、
サブヒロイン・大ちゃんみたいな?



そういえば7/23をすぎていましたね。
つまりトリスタ5年目、人狼四年目なんですよ。
しかしトリスタはもう全然活動していないうえ、
人狼も最近は人が全くこない現状です。
はっきり言って何年目、とか無意味ですねもう。
結局活動してるネトゲはラテのみであり
しかもそのラテもそこまで頻繁に
動かしているわけではないんですよね。
アラドとエルソはやらないかも。
なんだかんだでラテール好きだし、
ラテ以外のネトゲはやっぱりまわんないです。
特に今は同人活動抱えてるしね。
そんなに活発に活動してるわけではないけど。
慣れればもっと早く本が描けるようになると思うので
そうすればゲームする時間もまた確保できると
思うんだけどねぇ。

やはり、色々なことがうまくいってないっす。


*theme : 東方プロジェクト
*genre : ゲーム

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2カウンター
プロフィール

冠崎はるな

Author:冠崎はるな
サークル「灼熱三日月」で
東方ジャンルの同人誌を
少しだけ描いていました。
活動は停止しています。
メインキャラは
リリーホワイトと大妖精。
右の方にあるカテゴリーの
”同人誌発行履歴”より
今まで出した本の情報
まとめた記事にいけます。

あまり活発ではありませんが、
一応pixivあります。
pixiv_id2660936


現在、ドラクエ10に
はまってます。

トリスタプレイヤーで
メイン鯖はオーロラでしたが、
トリスタは2014年1月に
サービスを終了しました。
スマホアプリの方は
現在継続してプレイ中です。

ラテールはルビーで
遊んでましたが
ついていけなくなったので
今は放置。
引退しています。

著作権表記
トリックスター0
Copyright(C) 2007 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2007 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

LaTale
©2006 Actoz Soft., All rights reserved.
©2006 Gamepot Inc., All rights reserved

最近の記事
最近のコメント
リンク
上海アリス幻樂団

ようせいげんき!

トリックスター0

らてーる

沙羅さんまったり日記

けのぬいぐるみ

みゃのん

「み」から始まる冒険者

天国への階段

ブログ内検索
幻想郷春告区春告板
カテゴリー
月別アーカイブ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog